あなたの得意なコトは何ですか?に答えられない時。得意なコトの見つけ方
働き方

あなたの得意なコトは何ですか?に答えられない時。得意なコトの見つけ方

「得意なことが、ないんです」

自分でそんな風に思ってる人は結構いるんじゃないでしょうか。

同年代の人、特に就活している学生さんと仕事について話をすると「実は私、これと言った得意なことや特技がないんです…」と打ち明けられる事が多いです。

僕の場合、自分の得意不得意は日々の生活の中で「あー、自分は計画立てるの得意なんだな」とか「細かい数字合わせるのは苦手なんだな」という様に捉えてる事が多いので、逆になんで分からないの??とすごく疑問に思うのですが、、、考える機会が無いのかな?誰か教えて下さい!

とにかく、この前、元Snapmart代表のえとみほ @etomiho さんのこのツイートに返信したら、とてもたくさんの方のリツイートといいねを頂けたので、これは結構みんな悩んでいる問題なのでは?と思い、ツイートにも載せた僕なりに考えをまとめてみました。

特に仕事になるスキル、お金になるスキル、という観点でまとめていますので、今仕事で悩まれている方、新社会人の方々、4月から新しい仕事を始められた方などのお役に立てると思います!

 

そもそも「得意なこと」って何?

得意の定義って色々あると思うのですが、ここでは得意を

  1. 自分が好きなこと、ストレスを感じないこと
  2. 他の人より効率的に良い結果が出せること
  3. 周りにも評価される・されやすいこと

とします。人に評価される才能、と言ってもいいかもしれません。

このやり方で自分の得意な事を見つけて、「人と違う自分の能力」を開花させましょう!

 

得意なことの見つけ方 STEP1:

これまでの人生で、褒められた事、「すごいじゃん!」と言われた事をリストにする

目を閉じて、これまでの人生を振り返って

  • 他の人に褒められた事
  • すごいじゃん!と言われた事
  • 学校、大学で好きだった(苦手じゃなかった)科目
  • ちょっと自慢できること
  • よく分からないけど、うまく行った経験
  • 周りはできなかったけど、自分は普通にできちゃったこと
  • イベントなどの体験コーナーなどでちょっとうまく出来た事

とにかく、どんな小さいことでもいいので、書き出してみましょう。

 

でもこのリスト、けっこう作りづらいと思います。

僕が思うに、「得意な事が分からない」という人ほど、あまり自分に自信を持っていない事が多いです。そういう人は自分の良い点についてちゃんと考えた事がなかったり、そもそも認識してなかったりします。

自分の長所をしっかり把握していれば、普通に自信は持てますからね!

試してみると分かると思うのですが、多分10個ぐらいで筆が止まると思います。でも本気でやりたいなら20個、できれば30個ほど書き出してみることをオススメします。これ、意外とめっちゃ頭使います。

*ちなみにPC使う方は表計算ソフトで一行ずつ使ってのリスト作成をオススメします!後のステップが楽になります。

 

具体例があると分かりやすいと思うので、参考までに僕のリストを少しご紹介します。

  • 食事に行った時におしぼりやお水など手配していたら、気が利くね、と言ってもらえた
  • 折り紙を飲み会のネタで披露したらすごい!と喜んでもらえた
  • 外国人に英語で話しかけたら、発音を褒められた
  • 写真の撮り方(アングル)がいいね!と褒められた
  • サーバーなどの技術的部分の噛み砕いた説明が分かりやすい、と言われた
  • 意外とお酒飲めるようになったね!と言われた
  • 最近書いたブログの記事に共感して頂けた人に熱いコメントを貰えた
  • 黙々と練習していたギターの曲を披露したら意外とウケが良かった
  • 掃除が丁寧!と褒められた
  • 会社のロゴを頑張って作ったら結構ウケが良かった

いや、これ公開するの結構勇気がいりますね… 自慢話のリストになるのでかなり気が引けるのですが、、、

僕はブログを書いている以上公開してますが、(*ある程度、自主規制入ってます)本来は自分だけで見るものなのでもっとガンガン書いてみましょう!

さて、ある程度リストができたら次行きましょう!

 

得意なことの見つけ方 STEP2:

自分がやっていて楽しいコト、全く苦にならない事のリストを作る

ステップ1で作ったリストの中には、めちゃめちゃ苦労して達成した物もあるだろうし、何となくやったけど良いね!って言われたもののあると思います。

  • 自分が時を忘れるぐらい夢中になった事、
  • 喜んで一生懸命頑張れる事
  • 暇な時についついやる事
  • もう一度やりたい事(楽しかったから、というポジティブな理由で)
  • たくさんやらなきゃいけない、という時でも別に嫌にならない作業、仕事
  • 仮に、急に一日予定が空いたらやりたい事
  • それについて考えた時、何となく胸がワクワクする事

この中で特に大事にして欲しいのが「ワクワクする」って感覚です。

今、自分で自覚してなくても「なんとなくワクワクすること」って自分が本当は大好きだったり、将来得意になる事が多いです。

僕は『スターウォーズ』シリーズや『スター・トレック』などのSFのドラマを見てめっちゃワクワクしました。これをもっと知りたい!をモチベーションに英語の勉強を続けた結果、今は英語を毎日使う仕事をしつつ、原語でSFを見て楽しんでます。

昔から完成品よりもそれができる工程、例えば工場で何かが作られる過程が好き、と言うかワクワクしてたのですが、今は「何かを作る事」を極めた日本の職人さんの仕事を世界に伝える仕事をしてます。

  • 海外ドラマ面白い!英語の本、エンターテイメント系は最高!
  • 何かを1からデザインして形にすること(工作とか!)
  • 料理すること
  • 文章を書くこと。ストーリーを考えたりする事
  • レゴをいじって何か作るのが大好き
  • 本読むのが好き
  • カフェ巡りが好き
  • 綺麗な写真の撮り方を色々試行錯誤する事
  • いろんなアイディアを検討して、考えに耽るのが好き。(妄想癖?笑)

こうやって書き出すと、つくづく、僕は何か作るのが好きなんだなーと思いました。思えば、スターウォーズを見た時も、DVDについて来た「メイキング映像」で映画本編と同じくらい興奮して画面に見入っていた覚えがあります。

 

「でも、自分の好きな事なんて分からない」「リストを作ろほど無いよ」って方にオススメの方法としては、目をつぶって「これ自分は好きなのかもしれない」って思う事をかたっぱしから、強くイメージして見てください。

そこで、特に何にも感じないようならパス。

なんとなく、気分が明るくなるような事、ポジティブな気分になれることがあったら、リストに書き留めて行きましょう。

普段意識して目を閉じたりはしないと思いますが、とても自分の考え、より内面に集中できるのでお試しあれー!

 

得意なことの見つけ方 STEP3:

2つのリストでかぶる項目を探す。

次に進む前に、なぜ『外部からの評価』『自分の好きなこと』の2つのリストを作る必要があるのか、ここで解説したいと思います。

結論から申し上げると、どちらが欠けても辛い状態になってしまうからです。

本人がすごく得意でも、誰にも評価されない事を続けていては「いくら頑張っても報われない」というとても不毛な状態になってしまいます。もちろん、世間には評価されなくても「これだ!」と信じて続けていけば長期的には成功する事もありますが。。。

また、周りからはとても評価されるけど、本人がそれをやっていて楽しくない、辛い状態は「得意」とはちょっと違うんじゃないかなぁ、と。長続きしない、アンバランスな状態なのでどっかでガタがきます。もしかしたらブラックな職場とかはこれに当たるかもしれませんね、、同僚から感謝はされるけれども、辞めたいと思うほど仕事は辛い、みたいな。

さて!2つのリストを見比べて見て、似通った項目を探してみましょう!そっくり同じ項目がなければ、「掛け合わせる」なんていうのも手です。

僕の場合、共通した項目は3つぐらいでしょうか。

  • 英語の通訳、翻訳
  • 写真撮影、カメラマン的な仕事
  • ブログを書く事

共通しないけども、掛け合わせたら面白いんじゃないか?という項目

  • 『ロゴ』『ストーリー』ストーリーを考えながらのロゴ作り
  • 『折り紙』『英語』『写真』折り紙を英語で教える→ユーチューバーなんて面白いかも?

など、色々考えられると思います!

 

せっかくなのでリストを活用してみましょう!ワクワクする順、お金になり易い順の二つで得意な事リストにランキングをつけよう

さて、せっかくできたリスト、眺めて満足するのも結構ですが、活用してみましょう!

まずは、ワクワクする順にランキングをつけてみましょう。

すぐお金になりそうな順番

  1. 英語の通訳&翻訳
  2. ロゴ作り、デザイン
  3. 折り紙教室
  4. ブログ執筆
  5. 写真撮影・カメラマン

ワクワクする順番

  1. ロゴ作り、デザイン
  2. ブログ執筆
  3. 英語の通訳&翻訳
  4. 折り紙教室
  5. 写真撮影・カメラマン

二つのリストで上の方にくる項目、僕の場合は「英語の通訳&翻訳」「ロゴ作り、デザイン」になるのですが、それをこれから大事にしましょう。

僕の場合は英語はすでに毎日使ってるので、これからデザインの方に力を入れてみようかな、と思います。

 

得意な事は、見つかりましたか?それ、仕事にしましょう

初めてノウハウ指南系の記事を書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。

僕も会社に入りたての時は「英語とIT系得意です」って周りに宣伝して、英語の調べ物からパソコンの修理まで色々な仕事を部署に関係なく頂いてました。そんな事を色々やっているうちに気づいたら、ご依頼して頂ける仕事も増えてきて、会社のマスコットキャラの選定委員会を手伝ったり、自社サイトの改修の際に英語版の構成をお手伝いしたり、、

その時、僕は21歳。もちろん実務経験なんて全くありませんでしたし、何から手をつけていいかも分からない状態だったのですが、元々得意だった事から派生したことだったので、仕事としても楽しかったし、それなりに評価頂ける実績は出せたので、とてもいい経験でした。

自分の中の「得意」を大事にして伸ばしてあげると、いろんな事が上手くいくと思います。

そして、ある程度自身がついたら周りに人に「私はこれが得意なんです!」ってアピールしてみましょう。

仕事、プライベート問わず面白い話が転がり込んできます。別に最初はうまく出来なくたっていいんです。変なプライドは捨て、間違えたら謝って、分からない事は学びながら全力でトライしてみましょう。

「私はプロじゃないから」なんて考えなくても大丈夫です。あなたにお願いしている時点で、プロの100%の仕事じゃなくてもいいからと割り切って、よく知っているあなただからこそお願いしてくれてるんです。ちょっと背伸びして期待に応えてみましょう。

きっと今までとは少し違った景色が見えてきます。

得意な事を仕事にできると、もう人生最高に楽しくなります!これは絶対。

上のリストが少しでもお役に立てれば幸いです。

 

ぜひ、あなたの得意なこと、見つけてみて下さい。