あなたの得意なコトは何ですか?に答えられない時。得意なコトの見つけ方
働き方

あなたの得意なコトは何ですか?に答えられない時。得意なコトの見つけ方

「得意なことが、ないんです」

自分でそんな風に思ってる人は結構いるんじゃないでしょうか。

同年代の人、特に就活している学生さんと仕事について話をすると「実は私、これと言った得意なことや特技がないんです…」と打ち明けられる事が多いです。

僕の場合、自分の得意不得意は日々の生活の中で「あー、自分は計画立てるの得意なんだな」とか「細かい数字合わせるのは苦手なんだな」という様に捉えてる事が多いので、逆になんで分からないの??とすごく疑問に思うのですが、、、考える機会が無いのかな?誰か教えて下さい!

とにかく、この前、元Snapmart代表のえとみほ @etomiho さんのこのツイートに返信したら、とてもたくさんの方のリツイートといいねを頂けたので、これは結構みんな悩んでいる問題なのでは?と思い、ツイートにも載せた僕なりに考えをまとめてみました。

特に仕事になるスキル、お金になるスキル、という観点でまとめていますので、今仕事で悩まれている方、新社会人の方々、4月から新しい仕事を始められた方などのお役に立てると思います!

 

そもそも「得意なこと」って何?

得意の定義って色々あると思うのですが、ここでは得意を

  1. 自分が好きなこと、ストレスを感じないこと
  2. 他の人より効率的に良い結果が出せること
  3. 周りにも評価される・されやすいこと

とします。人に評価される才能、と言ってもいいかもしれません。

このやり方で自分の得意な事を見つけて、「人と違う自分の能力」を開花させましょう!

 

得意なことの見つけ方 STEP1:

これまでの人生で、褒められた事、「すごいじゃん!」と言われた事をリストにする

目を閉じて、これまでの人生を振り返って

  • 他の人に褒められた事
  • すごいじゃん!と言われた事
  • 学校、大学で好きだった(苦手じゃなかった)科目
  • ちょっと自慢できること
  • よく分からないけど、うまく行った経験
  • 周りはできなかったけど、自分は普通にできちゃったこと
  • イベントなどの体験コーナーなどでちょっとうまく出来た事

とにかく、どんな小さいことでもいいので、書き出してみましょう。

 

でもこのリスト、けっこう作りづらいと思います。

僕が思うに、「得意な事が分からない」という人ほど、あまり自分に自信を持っていない事が多いです。そういう人は自分の良い点についてちゃんと考えた事がなかったり、そもそも認識してなかったりします。

自分の長所をしっかり把握していれば、普通に自信は持てますからね!

試してみると分かると思うのですが、多分10個ぐらいで筆が止まると思います。でも本気でやりたいなら20個、できれば30個ほど書き出してみることをオススメします。これ、意外とめっちゃ頭使います。

*ちなみにPC使う方は表計算ソフトで一行ずつ使ってのリスト作成をオススメします!後のステップが楽になります。

 

具体例があると分かりやすいと思うので、参考までに僕のリストを少しご紹介します。

  • 食事に行った時におしぼりやお水など手配していたら、気が利くね、と言ってもらえた
  • 折り紙を飲み会のネタで披露したらすごい!と喜んでもらえた
  • 外国人に英語で話しかけたら、発音を褒められた
  • 写真の撮り方(アングル)がいいね!と褒められた
  • サーバーなどの技術的部分の噛み砕いた説明が分かりやすい、と言われた
  • 意外とお酒飲めるようになったね!と言われた
  • 最近書いたブログの記事に共感して頂けた人に熱いコメントを貰えた
  • 黙々と練習していたギターの曲を披露したら意外とウケが良かった
  • 掃除が丁寧!と褒められた
  • 会社のロゴを頑張って作ったら結構ウケが良かった

いや、これ公開するの結構勇気がいりますね… 自慢話のリストになるのでかなり気が引けるのですが、、、

僕はブログを書いている以上公開してますが、(*ある程度、自主規制入ってます)本来は自分だけで見るものなのでもっとガンガン書いてみましょう!

さて、ある程度リストができたら次行きましょう!

 

得意なことの見つけ方 STEP2:

自分がやっていて楽しいコト、全く苦にならない事のリストを作る

ステップ1で作ったリストの中には、めちゃめちゃ苦労して達成した物もあるだろうし、何となくやったけど良いね!って言われたもののあると思います。

  • 自分が時を忘れるぐらい夢中になった事、
  • 喜んで一生懸命頑張れる事
  • 暇な時についついやる事
  • もう一度やりたい事(楽しかったから、というポジティブな理由で)
  • たくさんやらなきゃいけない、という時でも別に嫌にならない作業、仕事
  • 仮に、急に一日予定が空いたらやりたい事
  • それについて考えた時、何となく胸がワクワクする事

この中で特に大事にして欲しいのが「ワクワクする」って感覚です。

今、自分で自覚してなくても「なんとなくワクワクすること」って自分が本当は大好きだったり、将来得意になる事が多いです。

僕は『スターウォーズ』シリーズや『スター・トレック』などのSFのドラマを見てめっちゃワクワクしました。これをもっと知りたい!をモチベーションに英語の勉強を続けた結果、今は英語を毎日使う仕事をしつつ、原語でSFを見て楽しんでます。

昔から完成品よりもそれができる工程、例えば工場で何かが作られる過程が好き、と言うかワクワクしてたのですが、今は「何かを作る事」を極めた日本の職人さんの仕事を世界に伝える仕事をしてます。

  • 海外ドラマ面白い!英語の本、エンターテイメント系は最高!
  • 何かを1からデザインして形にすること(工作とか!)
  • 料理すること
  • 文章を書くこと。ストーリーを考えたりする事
  • レゴをいじって何か作るのが大好き
  • 本読むのが好き
  • カフェ巡りが好き
  • 綺麗な写真の撮り方を色々試行錯誤する事
  • いろんなアイディアを検討して、考えに耽るのが好き。(妄想癖?笑)

こうやって書き出すと、つくづく、僕は何か作るのが好きなんだなーと思いました。思えば、スターウォーズを見た時も、DVDについて来た「メイキング映像」で映画本編と同じくらい興奮して画面に見入っていた覚えがあります。

 

「でも、自分の好きな事なんて分からない」「リストを作ろほど無いよ」って方にオススメの方法としては、目をつぶって「これ自分は好きなのかもしれない」って思う事をかたっぱしから、強くイメージして見てください。

そこで、特に何にも感じないようならパス。

なんとなく、気分が明るくなるような事、ポジティブな気分になれることがあったら、リストに書き留めて行きましょう。

普段意識して目を閉じたりはしないと思いますが、とても自分の考え、より内面に集中できるのでお試しあれー!

 

得意なことの見つけ方 STEP3:

2つのリストでかぶる項目を探す。

次に進む前に、なぜ『外部からの評価』『自分の好きなこと』の2つのリストを作る必要があるのか、ここで解説したいと思います。

結論から申し上げると、どちらが欠けても辛い状態になってしまうからです。

本人がすごく得意でも、誰にも評価されない事を続けていては「いくら頑張っても報われない」というとても不毛な状態になってしまいます。もちろん、世間には評価されなくても「これだ!」と信じて続けていけば長期的には成功する事もありますが。。。

また、周りからはとても評価されるけど、本人がそれをやっていて楽しくない、辛い状態は「得意」とはちょっと違うんじゃないかなぁ、と。長続きしない、アンバランスな状態なのでどっかでガタがきます。もしかしたらブラックな職場とかはこれに当たるかもしれませんね、、同僚から感謝はされるけれども、辞めたいと思うほど仕事は辛い、みたいな。

さて!2つのリストを見比べて見て、似通った項目を探してみましょう!そっくり同じ項目がなければ、「掛け合わせる」なんていうのも手です。

僕の場合、共通した項目は3つぐらいでしょうか。

  • 英語の通訳、翻訳
  • 写真撮影、カメラマン的な仕事
  • ブログを書く事

共通しないけども、掛け合わせたら面白いんじゃないか?という項目

  • 『ロゴ』『ストーリー』ストーリーを考えながらのロゴ作り
  • 『折り紙』『英語』『写真』折り紙を英語で教える→ユーチューバーなんて面白いかも?

など、色々考えられると思います!

 

せっかくなのでリストを活用してみましょう!ワクワクする順、お金になり易い順の二つで得意な事リストにランキングをつけよう

さて、せっかくできたリスト、眺めて満足するのも結構ですが、活用してみましょう!

まずは、ワクワクする順にランキングをつけてみましょう。

すぐお金になりそうな順番

  1. 英語の通訳&翻訳
  2. ロゴ作り、デザイン
  3. 折り紙教室
  4. ブログ執筆
  5. 写真撮影・カメラマン

ワクワクする順番

  1. ロゴ作り、デザイン
  2. ブログ執筆
  3. 英語の通訳&翻訳
  4. 折り紙教室
  5. 写真撮影・カメラマン

二つのリストで上の方にくる項目、僕の場合は「英語の通訳&翻訳」「ロゴ作り、デザイン」になるのですが、それをこれから大事にしましょう。

僕の場合は英語はすでに毎日使ってるので、これからデザインの方に力を入れてみようかな、と思います。

 

得意な事は、見つかりましたか?それ、仕事にしましょう

初めてノウハウ指南系の記事を書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。

僕も会社に入りたての時は「英語とIT系得意です」って周りに宣伝して、英語の調べ物からパソコンの修理まで色々な仕事を部署に関係なく頂いてました。そんな事を色々やっているうちに気づいたら、ご依頼して頂ける仕事も増えてきて、会社のマスコットキャラの選定委員会を手伝ったり、自社サイトの改修の際に英語版の構成をお手伝いしたり、、

その時、僕は21歳。もちろん実務経験なんて全くありませんでしたし、何から手をつけていいかも分からない状態だったのですが、元々得意だった事から派生したことだったので、仕事としても楽しかったし、それなりに評価頂ける実績は出せたので、とてもいい経験でした。

自分の中の「得意」を大事にして伸ばしてあげると、いろんな事が上手くいくと思います。

そして、ある程度自身がついたら周りに人に「私はこれが得意なんです!」ってアピールしてみましょう。

仕事、プライベート問わず面白い話が転がり込んできます。別に最初はうまく出来なくたっていいんです。変なプライドは捨て、間違えたら謝って、分からない事は学びながら全力でトライしてみましょう。

「私はプロじゃないから」なんて考えなくても大丈夫です。あなたにお願いしている時点で、プロの100%の仕事じゃなくてもいいからと割り切って、よく知っているあなただからこそお願いしてくれてるんです。ちょっと背伸びして期待に応えてみましょう。

きっと今までとは少し違った景色が見えてきます。

得意な事を仕事にできると、もう人生最高に楽しくなります!これは絶対。

上のリストが少しでもお役に立てれば幸いです。

 

ぜひ、あなたの得意なこと、見つけてみて下さい。

TOEIC英語勉強法, 独学・ホームスクーリング

「英語勉強しなきゃ」と言う人がいつまで経っても上達しない理由

「英語の勉強方法教えて!」というご相談を頂くことがあります。

確かに、独学で色々試行錯誤を繰り返していく中で、

  • 「これは楽しいし続けられる!」という英単語の暗記方法
  • 自分の弱点の把握方法
  • TOEICの問題を解くスピードをめっっっちゃ上げる方法
  • 訳のわからない単語に出くわした時に意味を推理する方法

など、たくさん考え出したりしてきました。(そのうちここに載せます… !)

嬉しい事に「役に立ったよ!」というご連絡を頂く事もありますが、そういった僕イチオシのノウハウをお伝えしても全然成果が上がらない方もいました。本人のモチベーションもあり、勉強方は分かってるはずなのに、なんで上手くならないんだろう?

教えている側として、結構悩みました。でも悩めど悩めど答えは出ず。

仙台行ってきました。この風景を見てる時に記事のアイディア思いついてので、記念に!

 

そんな頃、先日東北旅行に行った際、窓の外の夜景を見ていたらもやもやした疑問の答えがパッと頭に降ってきました。

これだ!という答えが見つかったので記事にしました。

 

「英語を勉強しよう」と言う人は、何がしたいのか結局よく分かってない

つきっきりで教える訳にもいかないので、その人に合った勉強方法を一緒に一生懸命考えて、勉強の仕方をご提案するのですが、その後伸びる人と全然変わらない人がいます。

「英語の勉強しようと思ってるんです」「英語勉強しなきゃと思ってるんですよね」

本来は英語で何かがしたくて英語を学びたいと思ったのに、どこかでその「英語で何かをしたい」という目標を見失って、いつのまにか「まずは英語を学ぶ事」が目標になっちゃってるんですね。

  • 「ビジネスで取引先と通訳を介さず交渉したい」
  • 「海外旅行ツアーじゃ味わえない、現地の人たちとの交流を楽しみたい」
  • 「カッコいい外人さんと話したい。あわよくば彼氏/彼女にしたい」
  • 「海外ドラマや映画を原語のまま楽しみたい」
  • 「外人の友達がいるって友達に言ってみたい」
  • 「ネットサーフィンで英語のページに出くわした時に怯まないぐらいの読解力が欲しい」

目的は人それぞれ。でも本来は自分のやりたい事を叶える手段であるはずの英語が、いつの間にか目的にすり変わってしまっている。

そこで問題なのが、英語に限らず言語の習得って終わりが無いモノなんですよね。

たとえ単語帳を全て丸暗記したとしても、その背景にある文化まで知る事はできないし。

その道何十年というプロの翻訳家の方でさえ、毎日の勉強は欠かしません。そんなに果てしない量のタスクの達成を目指しても、達成出来る訳ありません。

要するに、目標が間違ってるんです。

 

なんで英語を勉強したいと思ったのか?から小さい目標を設定し直そう

さてさて、ここからは具体論に入って行くのですが、仮にあなたの目的が外国人のパートナー(要するにナンパです笑)を探す事だったとしましょう。

では、どういうシチュエーションで英語を使うのか?のリストを作ってみましょう。

  • まずは声をかける所
  • 自分の魅力を伝えられる自己紹介
  • 相手の事を上手く聞き出す質問力
  • 自分の得意なトピック(仕事や趣味が良いと思います)について語れる能力
  • 話がわかってる雰囲気を出せる相槌

 

こんな感じでしゃべっている所をイメージしましょう。イメトレです。根拠のない自信が出てくるまでやって見ましょう。

ざっくりリストを作ると、これぐらいかな、と思います。というかこれだけ話せれば十分です。笑

 

さて、後は簡単です!

一つ一つの項目に対して、使うであろうフレーズをネットで探し、単語を例文とセットで頭に叩き込むのです。

ちなみに、ちょっとチート的な技としては、最後の「あなたの話分かってます」感を出せる相槌があります。日本語の会話でもそうですが、どちらかが一方的に話していても、相槌さえ良ければいい感じの会話になるんです。と言うわけで、

英会話で使える、分かってる感を出して話を盛り上げられる相槌

  • マジで?=「Seriously?」「Really?」「No Way!」「You gotta be kidding」
  • おお=「Man!」「Wow.」「That’s amazing」「Unbelievable.」
  • もっと聞かせて!=「Tell me more」「Please go on」「And then?」「Details, please」
  • 面白いですね=「That’s really interesting!」「Keep on talking」「Fascinating.(ファシネイティング)」
  • それは(お祝いで)乾杯しなきゃね=「Let’s cheers for that」「I’d give you toast for that」
  • それはサイテーだね=「Oh man, that sucks」「That is worst!」「I’m sorry to hear that」「That’s shit」
  • 飲んで忘れよう=「Let’s drink that away」「Let’s drink some more」
  • なんでそうなったの?=「How did THAT happen?」
  • 全くもって同意するよ=「I can totally agree」「I’m with you on that one」「I can not agree with you more」

とりあえず上の例文をいくつか覚えておけばなんとかなります!うん!きっと…!

番外編:パーティなどで声をかけるセリフを考えてみる。

とりあえず簡単に思いつくセリフをいくつか

  • ちょっとご一緒してもいいですか?=「Hey, can I join in here?」「Is this seat taken?」「May I bother you for few minutes?」
  • 楽しんでます?=「Having a good time?」
  • お一人ですか?=「Who did you come here with?」「Are you alone?」

不思議な事に「君の瞳は、、」なんて日本語だと言った側が赤面するようなセリフが英語だと意外と普通に聞こえたりします。普通の声の掛け方に慣れてきたら、チャレンジしてみましょう。オススメは有名な映画のセリフ!そのまま映画ネタに話が流れて盛り上がったりもできるので、良いと思います。

 

目標達成!できたらどんどん広げて行きましょう。

「とりあえずなんとかなる」スキルを身につけて、小さい成功体験を積み重ねていくと段々自信もついてきます。

同時に「あの時言いたい事あったのに。。」「あの人の英語意味不明すぎた。。」など実力不足で悔しい思いをする場面も出てくると思います。それを糧にして対策を練ってまたチャレンジして、、なんて繰り返しているうちに、段々「英語が使える人」になってると思いますよ!

それでは!